いろいろな原稿を載せる予定です
by norikoosumi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


カテゴリ:未分類( 1 )

科学者コミュニティーの自浄作用(毎日新聞2月11日掲載「論点」元原稿)

 科学者にとって、論文作成は一つの節目である。多くの大学院生にとっては、研究職というキャリアの道を進む上で超えなければならないハードルであり、国民の税金をもとにした資金で研究を行う研究者にとっては、その報告を兼ねた大切な義務ともいえる。
 論文はいろいろな形で発表されるが、一般的な生物系の分野において最も重要なのは「原著論文」と言われるものである。権威ある国際的な専門誌に原稿を投稿し、二、三名の専門家による査読を受け、その批判に答えるために、場合によっては、さらに追加の実験を行って改訂稿を提出する。このような「査読制」は論文の価値の客観性を高めるために始まったことではあるが、逆に言うと、論文は二、三名の査読者と編集者を満足させることによって世に出ることになる。
 科学研究費の多くが競争的資金になりつつある現在では、いかに業績を上げるかが勝負の分かれ目になる。生物系研究者の業績評価に、論文の掲載された雑誌の格付け(インパクトファクター:IP)や、論文の被引用件数という客観的数字が導入されるようになって、ゆがみやひずみが生じてきている気がする。以前よりも、IPの高い雑誌に投稿すべきであるというプレッシャーが強くなっているのだ。当然のことながら、高いIPの雑誌に論文を通すことは、より厳しい査読者の要求を満足させなければならないことを意味する。
 生物学発展の過程において、論文作成の「お作法」がそれぞれの専門分野で確立していった。例えば、ある生命現象に何らかの物質が関わることを証明するのであれば、その物質の局在とともに、必要条件、十分条件を合わせて示すことが必要である。お作法が確立したということは、その分野が成熟したことを意味するが、逆にお作法に則ることによって、あたかも何かを証明したように見せるのが可能なことを意味する。最近15年ほどの間のコンピュータとソフトの進歩により、生データは多くの場合ディジタル化されるようになった。これは、論文作成の労力削減に大いに貢献したが、同時にデータの捏造・改竄も容易にしたことは否めない。
 普通の研究者はデータの捏造や改竄はしない。自分の見つけた新しい発見を、他の人から見て客観的に正しいと思ってもらうために、何度も再現性があるかどうかをまず確かめる。問題なのは、自ら立てた仮説に囚われていて功名心に焦るボスと、ボスの気に入るデータを見せれば自分の業績や出世に繋がると分かっている実行部隊の研究者の利害が一致するケースである。極端な場合、ボスのチェックは甘くなり、「行け行け、ドンドン」と捏造論文が量産される。
 日頃、大学院生や博士研究員には、「N(例数)はいくつ? 定量してみた? 他の対照は取ってみた?」と尋ねている。つくられたデータは、細かくチェックすれば発見できるものだし、怪しければ生データに立ち戻ればよい。未発表データが外部にもれないようにと、研究室内やグループ内で厳戒令を敷くのは、研究の現場に必要以上のプレッシャーをかけ、不正行為が生じる温床となるように思う。研究室の中や周囲の研究室との風通しが良ければ、複数の他人の目が届き、自浄作用が働くものだ。
 論文は科学者にとっての大切な「作品」である。手塩に掛けて、誠意を込めて生み出すものである。良い論文とは、本来、掲載された雑誌の格付けで決まるものではない。また、新しい概念を打ち出すようなオリジナルな論文であれば、発表されて数年の間の被引用件数が少ないこともあるだろう。科学者コミュニティーは自らの倫理観と自尊心にもとづき、不正行為を防がなければならない。さもないと、非専門家により、研究の中身ではなく数値化された業績によって評価され、それはさらなる不正行為を生むもとになる。同時に、科学の世界は必ずしも市場原理に則ったものではないことを、社会は認識し、許容すべきである。過度の競争は良い科学を醸成することには繋がらない。

註:新聞掲載版とは若干異なります。
[PR]
by norikoosumi | 2006-02-12 17:23