いろいろな原稿を載せる予定です
by norikoosumi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
河北新報往復書簡
旅の思い出
その他
正しく知ろう!脳について
脳科学
未分類
以前の記事
2012年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2008年 10月
2008年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
ライフログ
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第六話:人間の脳はどのようにして進化してきたのか

(「安全と健康」2010年6月号「正しく知ろう!脳について」掲載)

はじめに
 DNAの塩基配列に書かれた遺伝情報のレベルでは、ヒトとチンパンジーの違いは1%余りであるにもかかわらず、両者の隔たりは大きく感じられる。言葉を操ったり、文字を生みだすことができたのは、われわれの脳が著しく進化した結果である。ヒトの脳はその他の生物とはどのように異なるのだろうか?

共通の枠組みからの進化
 第2話で、発生過程における中枢神経系の元は「神経管」といわれる構造であることを述べた。神経管はどの脊椎(せきつい)動物でも共通で、その起源は約5億年前に出現した原索動物であるホヤの幼生に遡(さかのぼ)る。その後進化してきた脊椎動物の脳は、どの生物でも基本構造は「脳幹」「小脳」「大脳」から成る。
魚類、両生類、爬虫(はちゅう)類では、反射や本能的な行動を司る脳幹が脳の大部分を占めている。小脳や大脳は小さく、魚類と両生類の大脳では、生きていくために必要な本能や感情を司(つかさど)る「大脳辺縁系(古皮質)」のみ認められる。爬虫類では大脳に「新皮質」がわずかに出現する。鳥類は飛行に関連して、身体のバランスを取る小脳が非常に大きく発達している。哺乳(ほにゅう)類ではとくに大脳の新皮質が発達し、「感覚野」「運動野」といった新しい機能を持つようになる。霊長類(サル類)では新皮質がさらに発達して「連合野」が出現し、より高度な認知や行動ができるようになる。ヒトでは、新皮質が大脳皮質の90%以上を占めている。
つまり、脳は、基本構造が変化したのではなく、新しい機能が付け加わるようにして進化してきたのである。

More 続きはこちらをクリック!
[PR]
by norikoosumi | 2010-09-23 12:15 | 正しく知ろう!脳について

第五話:いくつになっても脳細胞はつくられる

(「安全と健康」2010年5月号「正しく知ろう!脳について」掲載)

はじめに
 かつて、脳細胞は3歳の時点が数のピークで、後は死んでいくだけと考えられていた。しかしながら、現在では、脳の特定の領域では、生涯にわたって脳細胞が産生される(これを「神経新生」と呼ぶ)ことが分かっている。しかも、このように日々新しく作られる神経細胞が記憶や学習に深くかかわることが知られるようになってきた。

More 続きはこちらをクリック!
[PR]
by norikoosumi | 2010-09-19 20:20 | 正しく知ろう!脳について